2017年6月から新しく始まったWiMAXの新プランである「LTEオプション無料プラン」。

ハイスピードプラスエリアモード利用時の追加料金が無料になりお得で、契約の縛り期間が3年に伸びたデメリットで差し引きゼロの様なプランです。

auユーザーでしたら、「auスマートバリューmine」プランにしたほうが2年縛りでハイスピードプラスエリアモードが無料になるのでお得でしょう。

LTEオプションとは何かというと、GMOとくとくBBの公式サイトでは、下記の様に説明されています。

主にWiMAX回線が通っていない山間部などで使われるモードで、auのLTE回線を使用して通信をするモードです。

このモードで7GB以上使用すると、その月は通常の通信モードも含めて128kbpsの低速制限がかかる

au 4G LTE対応機種で「ハイスピードプラスエリアモード」(WiMAX 2+とau 4G LTEをご利用いただけるモード)に切り替えることでLTE オプションをご利用いただけます。ご利用されますとWiMAX 2+エリアの圏外では、自動的にau 4G LTE網につながり、幅広いエリアで快適な高速インターネットをお楽しみいただけます。 「ハイスピードプラスエリアモード(au 4G LTE)」で接続を行った月はご利用量に関係なくLTEオプション料金(1,005円/月(税抜))が発生いたします。

「LTEオプション」とは?

最初に、「LTEオプション」がどんなサービスなのかを紹介します。

「LTEオプション」とは、au 4G LTE対応のWiMAX端末で、ハイスピードプラスエリアモードに切り替えた時に利用できるLTE通信のことです。

LTE通信はWiMAX2+通信とは違って、auの回線を使った通信方法になります。なので、WiMAX2+回線よりも少し通信エリアが広いです。

「LTEオプション」はどんな時に役に立つのかということですが、WiMAX2+の通信エリアから外れていて、なおかつ、au 4G LTEの通信エリアに対応している場所でインターネットを利用したい時に役立ちます。もしくは、WiMAX2+の3日10GB制限時の通信速度では我慢ができない時です。

実際3日10GB制限時でも不便にならないくらいの通信速度は保たれています。

「LTEオプション」の利用方法

「LTEオプション」の利用方法ですが、端末のモードをハイスピードプラスエリアモードに切り替えるだけです。特に事前申し込みなどは必要ありません。

WiMAXは単独ではサービスエリアがスマホより狭いです。使用する周波数帯が高いので、地下や奥まった部屋では繋がりにくいというデメリットをがあります。

LTEオプションとは、そのデメリットをカバーするサービスで、auのスマホが使っているau 4G LTE通信が利用できるオプションのことです。

au 4G LTEの周波数は、800MHzのプラチナ周波数と呼ばれていて、繋がりやすく、このオプションを使うことにより、スマホ並みのエリアをカバーし、繋がりやすくなります。

地方への出張が多い方や、WiMAXのエリア外でもルーターを使いたい方におすすめです。

こちらのオプションは、月単位で必要に応じて利用できますが、有料(1,005円/月)です。

しかし、LTEオプションを無料で使う方法があります。

それは、auスマートフォン・au携帯とWiMAX2+をセットで契約すると、auスマートフォン・au携帯の利用料金から毎月最大1,000円を割引きわれるというサービスです。

スマホの利用料金が割り引かれるのはもちろん、LTEオプションの利用料が無料になります。

現在、auスマホもしくは携帯を契約中の方は、WiMAX2+の申込み後は、「auスマートバリュー mine」を使ってみてください。

また、WiMAXの利用予定や現在利用している方で、スマホの乗換を最近考えている方は、「auスマートバリュー mine」の利用を検討してみて下さい。

ちなみに、口座振替ができるrBIGLOBE、UQ WiMAX、Broad WiMAXは、どれも全て「auスマートバリュー mine」を適用できます。

また、3年契約でしたら、LTEオプションが無料で使えるのでとてもお得です。繋がりやすさく、WiMAXの利用も心配ありません。

注意点ですが、LTEオプションを利用するには、Speed Wi-Fi NEXT WX04・W04や設置して使用するSpeed Wi-Fi HOME L01等のLTE対応端末が必要ということです。ですので、端末の選択を間違わないように行いましょう。

LTEオプションどんなときに使う?

LTEオプションのメリットが発揮されるのは、地下鉄や地下街です。

WiMAXも、「地下鉄」、「地下街」には力を入れていて、特に地下街に関しては問題なくつながるところが多く、地下鉄で使えるエリアを今広げているところです。しかし、やはり今のところauの電波には勝てません。

毎日、通勤・通学などで地下鉄に乗る人や、地下街で仕事をしている人などは、あると便利なオプションです。

また、WiMAXでカバーしきれていない、山奥や小さな離島などでも、LTEオプションであれば、auの電波でネットにつなぐことができます。

もともと「LTEオプション」はauの回線を使った通信サービスなので、auスマートバリューmineに加入していればメリットのあるサービスが受けられます。

auの携帯やスマホを契約していて、対象のWi-Fiルーター(WiMAX)を契約している人は、auスマホの月額料金から最大1,000円値引きしてもらえます。

auのスマホや携帯を契約している人は、忘れずに申し込みをしましょう

「LTEオプション」利用時の注意点

「LTEオプション」が無料で使えるのはメリットのように思えるかもしれませんが、注意しなければならないこともあります。

月7GBの制限があります

「LTEオプション」は無料ですが、月に7GBまでの制限があるので、使いすぎると超低速である128Kbpsに減速されてしまいます。

なので、「LTEオプション」はいざという時にだけ使うようにしましょう。

もし「LTEオプション」を7GBまで使い切ってしまうと、速度制限がWiMAX2+にも影響してしまいます。

ハイスピードモードのWiMAX2+の通信において、月間のデータ通信量による速度制限はありません。

しかし、LTEオプション対応機種で、「ハイスピードプラスエリアモード」の「WiMAX2+」、「au 4G LTE」の当月の通信量の合計が7GB以上となった場合に、当月末までの「WiMAX2+」および「au 4G LTE」の通信速度が最大128Kbpsとなります。こちらの制限が適用された後は「ハイスピードモード」の「WiMAX2+」通信もその制限の対象となります。

「LTEオプション」で7GB制限が発生してしまうと、LTE通信が128Kbpsに減速されるだけでなく、WiMAX2+の通信まで128Kbpsにされてしまうので注意が必要です。

こちらを考えると、むやみに「LTEオプション」を使うべきではないということです。

しかし、最新の端末はLTEオプション(ハイスピードプラスエリアモード)を使っていても、6GB程度まで使うと自動的にハイスピードモード(WiMAX2+通信のみ)に切り替えてくれる機能があるので安心できます。