WiMAXはプロバイダ選びだけではなく、ルーターの選び方もしっかりしておきましょう。

端末の種類一覧

・Speed Wi-Fi NEXT WX04
・Speed Wi-Fi NEXT W04
・Speed Wi-Fi NEXT WX03
・Speed Wi-Fi NEXT W03
・Speed Wi-Fi HOME L01
・Speed Wi-Fi NEXT WX02
・Speed Wi-Fi NEXT W02

・novas Home+CA

どの端末もWiMAX2+へ対応しているので、自分の好みに合わせて自由に選択できます。

WiMAXは原則2年契約なので、機種選びで失敗しない様にしましましょう。

ルーターは、下りの最大通信速度に違いがある

WiMAXは端末によって、下り最大通信速度が違います。

上記で一覧でご紹介した現行の機種は、全てWiMAX2+ ハイスピードモードへと対応しています。

ルーターの速度を比較

W04:708Mbps
WX04:440Mbps
WX03:440Mbps
W03:370Mbps
WX02:220Mbps
W02:220Mbps

最新機種のWiMAXは下り最大通信速度が440Mbpsや708Mbpsととても早いです。

キャリアアグリゲーションのおかげで、携帯ネットワークの高速化が実現できます。どちらかの電波状況が良くない時にもう片方でカバーできるのも魅力的です。

キャリアアグリゲーションとは?

従来のLTEでは連続した20MHz帯域幅までしか利用できませんでしたが、LTE-Advancedではこのキャリアアグリゲーションという技術を使い複数の帯域を合計して、100MHzまでの帯域幅を利用することができます。帯域幅を広げることにより、より高速なデータ通信が可能になります。

引用:https://www.softbank.jp/support/faq/view/13232

キャリアアグリゲーションとは、無線通信を高速化する手法の一つで、複数の搬送波による通信を一体的に運用する方式。携帯電話/携帯データ通信では、LTE(4G)で導入されており、その改良版であるLTE-Advancedでは標準的に利用されるようになる見通し。

複数の異なる周波数帯の電波を同時に運用し、一つの通信回線としてデータを分散して送受信することにより、通信の高速化や安定化を図ることができる。例えば、2つの同じ帯域幅の周波数を同時に利用すれば通信速度を2倍に引き上げることができ、片方の通信状況が悪化してももう一方で通信を継続することができる。基地局が混雑しているときは自動的にオフにする(一つの周波数帯のみ利用する)よう運用すれば、収容能力に応じて効率的に電波を活用することができる。

帯域の組み合わせは「CA_1A-3A-42A」のように表記し、この例ではLTEバンド1、バンド3、バンド42からそれぞれ20MHz以下の帯域を一つずつ組み合わせている。バンド数の末尾の数字はクラスと呼ばれ、Aは帯域幅20MHz以下の帯域を一つ、Bは連続する20MHz以下の帯域を2つ組み合わせて合計20MHz以下(例えば10MHz+10MHz)、Cは連続する20MHz以上の帯域を2つ組み合わせて合計40MHz以下(例えば20MHz+20MHz)を表している。

最も基本的な2波を組み合わせる2CC CA(2 Component Carrier CA)では2つのAクラスを、3波を組み合わせる3CC CAでは3つのAクラスまたはAクラス+Cクラス、4波を組み合わせる4CC CAでは2つのAクラス+1つのCクラスの組み合わせが一般的となっている。

■ 3CC CA (3 Component Carrier CA/3波キャリアアグリゲーション)

複数の搬送波により同時に通信するキャリアアグリゲーションのうち、3波を同時に使用するものを3CC CAという。日本では2016年に大手3キャリアによって開始され、利用するには対応した端末が必要。

初期のCAは2波を同時に使うが、3CCでは3波を同時に使用することで、さらなる通信速度の高速化と安定性の向上を図ることができる。キャリアや他の通信方式との組み合わせによるが、下り最大300~600Mbpsで通信できる。バンドの組み合わせは「CA_1A-19A-21A」のようにAクラスを3つ、あるいは「CA_1A-42C」のようにAクラスとCクラスを1つずつ束ねるのが一般的。

■ 4CC CA (4 Component Carrier CA/4波キャリアアグリゲーション)

複数の搬送波により同時に通信するキャリアアグリゲーションのうち、4波を同時に使用するものを4CC CAという。日本では2017年9月にauがLTEとWiMAX 2+を組み合わせる方式の導入を開始した。

初期のCAは2波を同時に使うが、4CCでは4波を同時に使用することで、さらなる通信速度の高速化と安定性の向上を図ることができる。キャリアやサービス、端末によるが、下り最大500Mbpsを超え、他の高速化手法と組み合わせて1Gbpsに迫る速度に到達するとみられる。バンドの組み合わせは「CA_1A-19A-42C」のようにAクラス2つとCクラスの組み合わせが多い。

引用:http://e-words.jp/w/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%82%A2%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3.html

ルーターごとに対応のモードが異なる

WiMAXのルーターの中には、au 4G LTE ハイスピードエリアプラスモードに対応した機種があります。対応している機種は、下記の通りです。

・W04
・WX04
・W03

こられの3つの機種はau 4G LTE ハイスピードエリアプラスモードに対応していて、WiMAXの回線が通っていないエリアでau 4G LTE回線を使ってインターネット通信ができます。

ルーターのタッチパネルから簡単に切り替え操作ができるのもメリットです。

外出先で使用する機会の多い方は、au 4G LTE ハイスピードエリアプラスモードに対応しているルーターなのかどうか?確認しましょう。

人気の機種はどれ?

これから新規でWiMAXと契約する予定の方は、Speed Wi-Fi NEXT W04をおすすめします。

Speed Wi-Fi NEXT W04の特徴

Speed Wi-Fi NEXT W04は、WiMAXを使用している7割以上のユーザーが選んでいる人気ルーターです。

Speed Wi-Fi NEXT W04の特徴

・下り最大440Mbpsと高速通信が可能。

・エリアは全国へと順次拡大中
・ハイスピードプラスエリアモード時には下り最大708Mbpsの高速通信が可能
・スティックデザインで、持ちやすく携帯性と操作性に優れている

用途シーンは、「自宅でインターネットを使う」「外出先でスマホやノートパソコンを使うので繋げる」といったものです。

通信速度は、通信環境やネットワークの混雑状況に応じて低下することがありますが、スピードはとても早いのが特徴です。

用途に合わせて比較

WiMAXは、用途に合わせてルーターを比較しましょう。

大きく分けるると、WiMAXのルーターは「持ち運びが可能なモバイルタイプのルーターと」、「コンセントへ挿し込むホームタイプのルーター」の2種類に分けられます。

モバイルルーター:自由に持ち運んで外出先でも使用できますが、通常10m~15m程度しか電波を飛ばすことができない
ホームルーター:コンセントへと接続して使いますが、、50m~60m離れていてもインターネットと接続可能

ホームルーターは、コンセントから電源を直接供給するので、電波を飛ばす出力を大きくすることが可能です。

外出先でWiMAXを使う機会が多い人はモバイルタイプのWX04やW04、自宅で主に使う人はホームタイプのSpeed Wi-Fi HOME L01やnovas Home+CAなどがおすすめです。